まな板、調理器具を清潔にして食中毒を予防しよう

スポンサーリンク





まな板、調理器具を清潔にして食中毒を予防しよう

洗剤できちんと洗ってもまな板の細かい傷には菌が入り込んでいる場合があります。

調理前には60℃の熱湯をまんべんなくかけて熱湯消毒しましょう。

まな板や包丁などは調理前、調理後だけでなく、調理中も生肉、生魚など食材を替えるごとに洗いましょう。

食材についている菌を他の食材につけてしまう菌を減らすことができます。

調理後、調理器具を洗剤をつけて洗った後、60℃のお湯をかけて熱湯消毒します。

食材が触れていなくても菌は付着します。

まな板は使用した面だけでなく、裏面や側面も洗い流しましょう。



スポンサーリンク



関連記事

食中毒の潜伏期間

食中毒の潜伏期間 食中毒の症状があらわれるまでの潜伏期間は、細菌やウイルスによって異なり、

記事を読む

ただ洗うだけではダメ!食中毒予防のための手洗いのポイント

ただ洗うだけではダメ!食中毒予防のための手洗いのポイント 食べ物に食中毒菌をつけないために簡単

記事を読む

食中毒にならないお弁当作りのポイント

お弁当の食中毒対策 ・ご飯に梅干しを入れるのは食中毒対策としてよく聞く方法ですが、殺菌効果

記事を読む

食中毒を防ぐお肉の調理方法

食中毒を防ぐ肉の調理方法 お肉は火をしっかりと通してから食べるようにしましょう。 火

記事を読む

食中毒による下痢に下痢止めを飲んでいい?

食中毒による下痢に下痢止めを飲んでいい? 食中毒で下痢の症状が出るのは、食中毒菌を外に外に

記事を読む

食中毒による吐き気の対処方法

食中毒による吐き気の対処方法 食中毒の吐き気はほとんどの場合24時間で治まります。

記事を読む

食中毒の二次感染を防ぐ方法

食中毒の二次感染を防ぐ方法 食中毒は人から人へ感染しやすい病気です。 感染拡大を防ぐ

記事を読む






スポンサーリンク


インフルエンザの症状の特徴

インフルエンザの症状の特徴 インフルエンザの一番の特徴は、急

ビタミンA、C,、Eで風邪やインフルエンザを予防

ビタミンAで風邪やインフルエンザを予防 皮膚や粘膜を正常に保つビ

インフルエンザ薬

インフルエンザ薬の特徴 インフルエンザ治療薬の種類は現在

冬に風邪やインフルエンザが流行する理由

どうして風邪やインフルエンザは冬に流行するの? 風邪をおこすウイ

インフルエンザと風邪の違い

 風邪の特徴 ・主症状 咳、鼻水 ・発熱 微熱が続く

→もっと見る

PAGE TOP ↑