スポンサーリンク



食中毒の二次感染を防ぐ方法

食中毒の二次感染を防ぐ方法 食中毒は人から人へ感染しやすい病気です。 感染拡大を防ぐには二次感染を防ぐことが大切です。 食中毒に感染した人の嘔吐物や弁などを処理した人の手に菌がつ

続きを見る

食中毒による吐き気の対処方法

食中毒による吐き気の対処方法 食中毒の吐き気はほとんどの場合24時間で治まります。 吐き気は、体内に入った毒素を体が外に出している状態です。 吐き気が続く間は無理に食べようとして

続きを見る

食中毒の潜伏期間

食中毒の潜伏期間 食中毒の症状があらわれるまでの潜伏期間は、細菌やウイルスによって異なり、症状があらわれるまで食後数時間~1週間程度とさまざまです。 直前に食べたものが原因とは限りませ

続きを見る

食中毒による下痢に下痢止めを飲んでいい?

食中毒による下痢に下痢止めを飲んでいい? 食中毒で下痢の症状が出るのは、食中毒菌を外に外に出そうとしている状態なので、下痢止めを飲むのは逆に食中毒菌を外に出さずに体内にとどめるということであ

続きを見る

ただ洗うだけではダメ!食中毒予防のための手洗いのポイント

ただ洗うだけではダメ!食中毒予防のための手洗いのポイント 食べ物に食中毒菌をつけないために簡単で大切なのは手洗いです。 特に腸管出血性大腸菌(O157)は人の手を介して感染します。

続きを見る

まな板、調理器具を清潔にして食中毒を予防しよう

まな板、調理器具を清潔にして食中毒を予防しよう 洗剤できちんと洗ってもまな板の細かい傷には菌が入り込んでいる場合があります。 調理前には60℃の熱湯をまんべんなくかけて熱湯消毒しましょう。

続きを見る

食中毒を防ぐお肉の調理方法

食中毒を防ぐ肉の調理方法 お肉は火をしっかりと通してから食べるようにしましょう。 火が通りにくい厚めのステーキなどは表面に切り込みを入れ火の通りをよくします。 薄切り肉は細切れに

続きを見る

PM2.5とは

PM2.5とは 空気中には様々な細かい粒子が浮遊しています。 その中のサイズが2.5マイクロメートル以下のとても細かい粒子をPM2.5と呼んでいます。 2.5マイクロメートルとい

続きを見る

PM2.5の発生原因

PM2.5の発生原因 中国の高濃度のPM2.5が日本にも飛んでくるのではということで問題になっています。 中国では石炭を燃やしたり、精製率の低い質の悪いガソリンを使っている為、車の排気

続きを見る

PM2.5の人体への影響・基本のPM2.5対策

PM2.5の人体への影響 粒子が大きければ、鼻や喉の粘膜にくっついて止まりますが、PM2.5のように粒子が小さいものは、肺の中まで到達し、それによって人体に影響があるのではないかと考えられて

続きを見る


スポンサーリンク








スポンサーリンク


インフルエンザの症状の特徴

インフルエンザの症状の特徴 インフルエンザの一番の特徴は、急

ビタミンA、C,、Eで風邪やインフルエンザを予防

ビタミンAで風邪やインフルエンザを予防 皮膚や粘膜を正常に保つビ

インフルエンザ薬

インフルエンザ薬の特徴 インフルエンザ治療薬の種類は現在

冬に風邪やインフルエンザが流行する理由

どうして風邪やインフルエンザは冬に流行するの? 風邪をおこすウイ

インフルエンザと風邪の違い

 風邪の特徴 ・主症状 咳、鼻水 ・発熱 微熱が続く

→もっと見る

PAGE TOP ↑