スポンサーリンク



「 熱中症 」 一覧

熱中症を予防する上手な水分の摂り方

熱中症を予防する上手な水分の摂り方 熱中症予防の一番ポイントとなるのが水分補給です。 のどの渇きを感じた時には、体はすでに軽い脱水症状になっていることがあります。 暑い日は、渇きを自

続きを見る

熱射病とは、熱射病の症状、応急処置

熱射病とは? 熱疲労を放置したり、適切な処置をしないと、より重い熱射病になります。 熱射病は高熱により体温調整機能がきかなくなった状態です。 体温調整機能が破綻しているため、体温は4

続きを見る

熱疲労とは、熱疲労の症状、応急処置

熱疲労とは 熱疲労は、名前のとおり、暑さにより疲れた状態になること。 熱失神、熱けいれんより重症です。 大量の汗をかいたときに水分や塩分の補給が追いつかないと、めまい、立ちくらみ、脱

続きを見る

熱けいれんとは、熱けいれんの症状、応急処置

熱けいれんとは 汗には水分だけでなく塩分も含まれています。 大量に汗をかいた時、水だけを補給していると、体内の塩分が不足します。 血液の塩分濃度が下がると、頭痛、吐き気、嘔吐、腹痛の

続きを見る

熱失神とは、熱失神の症状、応急処置

熱失神とは 気温、湿度が高いところで長時間活動すると、体温を下げるために、大量に汗をかいて脱水症状をおこしたり、皮膚の血管が拡張して血液が体の表面に集まってきます。 それが原因で血圧が

続きを見る

5月、6月も熱中症に注意しよう!

5月、6月でも熱中症になることがあるのはなぜ? 熱中症の発症が多いのは、気温の急激な上昇がみられた時です。 熱中症といえば、猛暑日に起こるというイメージですが、そうとも限りません。

続きを見る

熱中症のレベル別症状

熱中症のレベル別症状 重症度Ⅰ 熱失神、熱けいれん ・体温は平熱~38℃未満 ・大量の発汗 ・のどの異常な渇き ・手足や体の一部がつる ・顔面が真っ白 ・皮膚が冷たい ・

続きを見る


スポンサーリンク








スポンサーリンク


fireant
ヒアリに刺されたら?対処法、治療法・ヒアリに刺されるとどんな症状が起きるの?

ヒアリがなぜ怖いのかというと、それはスズメバチと同じ毒性がある毒針

インフルエンザの症状
インフルエンザの症状の特徴

インフルエンザの症状の特徴 インフルエンザの一番の特徴は、急

yasai_1
ビタミンA、C,、Eで風邪やインフルエンザを予防

ビタミンAで風邪やインフルエンザを予防 皮膚や粘膜を正常に保つビ

kusuri_1
インフルエンザ薬

インフルエンザ薬の特徴 インフルエンザ治療薬の種類は現在

winter
冬に風邪やインフルエンザが流行する理由

どうして風邪やインフルエンザは冬に流行するの? 風邪をおこすウイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑