winter

冬に風邪やインフルエンザが流行する理由


どうして風邪やインフルエンザは冬に流行するの?

風邪をおこすウイルスやインフルエンザウイルスは低温で乾燥した環境を好むため、冬場はウイルスが増殖しやすい。

例えば、インフルエンザの場合だと、1回のくしゃみで60万個くらいのウイルスが放出されますが、それが乾燥した状態だと空中を漂っている時間が長くなるため、呼吸とともに体に取り込まれやすく、風邪やインフルエンザにかかる人が多くなります。