熱中症を予防する上手な水分の摂り方

スポンサーリンク





熱中症を予防する上手な水分の摂り方
熱中症予防の一番ポイントとなるのが水分補給です。

のどの渇きを感じた時には、体はすでに軽い脱水症状になっていることがあります。

暑い日は、渇きを自覚する前に、朝・昼・晩の食事の時と10時、3時、寝る前など時間を決めて、意識的に水分補給をしましょう。


外出時の水分補給
外出する時は水分をとってから出掛けましょう。

いつでも飲めるように、水筒やペットボトルを持って出かけ、汗が出たら少しずつ飲みましょう。

普段からスポーツドリンクばかり飲むとエネルギーの摂り過ぎになるから注意しましょう。

水や麦茶がおすすめです。


アルコールやカフェインを含む飲み物では水分補給に向いていない
ビールやワインなどのお酒や、コーヒー、緑茶などカフェインを含む飲み物は、利尿作用があるため、すぐに尿となって排泄されてしまうので水分補給には向いていません。

逆に脱水症状を強めてしまうことも。


大量の汗をかいた後は塩分も補給
運動後など大量に汗をかいた後は、水分とともに適度な塩分を補給が必要です。

体に吸収されやすい電解質を含むスポーツドリンクは水分と塩分を同時に補うことができます。



スポンサーリンク



関連記事

5月、6月も熱中症に注意しよう!

5月、6月でも熱中症になることがあるのはなぜ? 熱中症の発症が多いのは、気温の急激な上昇が

記事を読む

熱中症のレベル別症状

熱中症のレベル別症状 重症度Ⅰ 熱失神、熱けいれん ・体温は平熱~38℃未満 ・

記事を読む

熱射病とは、熱射病の症状、応急処置

熱射病とは? 熱疲労を放置したり、適切な処置をしないと、より重い熱射病になります。 熱射

記事を読む

熱けいれんとは、熱けいれんの症状、応急処置

熱けいれんとは 汗には水分だけでなく塩分も含まれています。 大量に汗をかいた時、水だけを

記事を読む

熱疲労とは、熱疲労の症状、応急処置

熱疲労とは 熱疲労は、名前のとおり、暑さにより疲れた状態になること。 熱失神、熱けいれん

記事を読む

熱失神とは、熱失神の症状、応急処置

熱失神とは 気温、湿度が高いところで長時間活動すると、体温を下げるために、大量に汗をかいて

記事を読む






スポンサーリンク


インフルエンザの症状の特徴

インフルエンザの症状の特徴 インフルエンザの一番の特徴は、急

ビタミンA、C,、Eで風邪やインフルエンザを予防

ビタミンAで風邪やインフルエンザを予防 皮膚や粘膜を正常に保つビ

インフルエンザ薬

インフルエンザ薬の特徴 インフルエンザ治療薬の種類は現在

冬に風邪やインフルエンザが流行する理由

どうして風邪やインフルエンザは冬に流行するの? 風邪をおこすウイ

インフルエンザと風邪の違い

 風邪の特徴 ・主症状 咳、鼻水 ・発熱 微熱が続く

→もっと見る

PAGE TOP ↑