熱疲労とは、熱疲労の症状、応急処置

スポンサーリンク





熱疲労とは
熱疲労は、名前のとおり、暑さにより疲れた状態になること。

熱失神、熱けいれんより重症です。

大量の汗をかいたときに水分や塩分の補給が追いつかないと、めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、目のかすみ、筋肉の痛み、吐き気、嘔吐、湿疹などの症状がいくつかあらわれます。

体内の水分や塩分が失われ、血の巡りが悪くなったり、血液量が減って血圧が低くなることが原因です。

体調不良時の外出で引き起こしやすいので注意が必要です。


熱疲労の症状の特徴
・体温が高い(40℃未満)
・頭がズキズキ痛む
・体がだるい
・判断力、集中力が低下する
・呼吸が早い、脈がゆっくり
・血圧が少し下がっている
・吐き気、嘔吐、めまい
・痛みを伴う筋肉のけいれん
・脱力感
・興奮状態
・意識状態が悪い


もし熱疲労になったら
まず、意識や呼吸を確認します。

意識を失っていたり、言動がおかしい場合はすぐに救急車を呼んでください。

意識や呼吸が確認できたら、体温を下げるために体を冷やしてあげましょう。

食塩水やスポーツドリンクなど飲める状態なら、飲ませてあげて水分と塩分の補給をしましょう。

しばらく休んで回復したと思っても、その日は安静にして、病院に行って診察を受けてください



スポンサーリンク



関連記事

熱射病とは、熱射病の症状、応急処置

熱射病とは? 熱疲労を放置したり、適切な処置をしないと、より重い熱射病になります。 熱射

記事を読む

熱けいれんとは、熱けいれんの症状、応急処置

熱けいれんとは 汗には水分だけでなく塩分も含まれています。 大量に汗をかいた時、水だけを

記事を読む

熱中症のレベル別症状

熱中症のレベル別症状 重症度Ⅰ 熱失神、熱けいれん ・体温は平熱~38℃未満 ・

記事を読む

熱失神とは、熱失神の症状、応急処置

熱失神とは 気温、湿度が高いところで長時間活動すると、体温を下げるために、大量に汗をかいて

記事を読む

5月、6月も熱中症に注意しよう!

5月、6月でも熱中症になることがあるのはなぜ? 熱中症の発症が多いのは、気温の急激な上昇が

記事を読む

熱中症を予防する上手な水分の摂り方

熱中症を予防する上手な水分の摂り方 熱中症予防の一番ポイントとなるのが水分補給です。 の

記事を読む






スポンサーリンク


インフルエンザの症状の特徴

インフルエンザの症状の特徴 インフルエンザの一番の特徴は、急

ビタミンA、C,、Eで風邪やインフルエンザを予防

ビタミンAで風邪やインフルエンザを予防 皮膚や粘膜を正常に保つビ

インフルエンザ薬

インフルエンザ薬の特徴 インフルエンザ治療薬の種類は現在

冬に風邪やインフルエンザが流行する理由

どうして風邪やインフルエンザは冬に流行するの? 風邪をおこすウイ

インフルエンザと風邪の違い

 風邪の特徴 ・主症状 咳、鼻水 ・発熱 微熱が続く

→もっと見る

PAGE TOP ↑