インフルエンザの検査

スポンサーリンク





インフルエンザ検査検査のタイミング

インフルエンザの検査として、一般的に行われているのが、インフルエンザ抗原を検出する迅速検査法です。

綿棒で鼻の粘膜をこすり、液体に浸し、約15分ほどでインフルエンザに感染しているか結果が出ます。

迅速検査で陽性になるためには、体内のウイルスが十分に増えている必要があり、診断のために確実なのは発熱して24時間経過した時点です。

発熱直後に受診すると、インフルエンザ感染していた場合でも、検査で陰性になってしまうことがあり、翌日再検査しなくてはいけません。

まずは、発熱直後は、ゆっくりと休養をとり経過を見ることが大切です。

ただし、けいれん、意識がはっきりしない、水分をまったくとることができないなど全身症状がみられる場合はすぐに受診しましょう。



スポンサーリンク



関連記事

熱が出た時すぐに解熱剤を使うのはいい?

熱が出た時すぐに解熱剤を使うのはいい? ウイルスと戦う免疫を担っているのがリンパ球。

記事を読む

no image

加湿器でインフルエンザ予防

加湿器でインフルエンザ予防 風邪やインフルエンザウイルスは空気が乾燥することで空気中に漂い

記事を読む

インフルエンザの症状の特徴

インフルエンザの症状の特徴 インフルエンザの一番の特徴は、急激な高熱です。 鼻水やの

記事を読む

インフルエンザと風邪の違い

 風邪の特徴 ・主症状 咳、鼻水 ・発熱 微熱が続く ・悪寒 軽い ・発

記事を読む

インフルエンザ予防方法

インフルエンザウイルス予防方法 ・まめな手洗い    こまめな手洗いを習慣にしましょう

記事を読む

ビタミンDでウイルス撃退

ビタミンDでウイルス撃退 ビタミンDはウイルスを撃退するのに役立つといわれており、ビタミン

記事を読む

ビタミンA、C,、Eで風邪やインフルエンザを予防

ビタミンAで風邪やインフルエンザを予防 皮膚や粘膜を正常に保つビタミンAを多く含む食品を摂るの

記事を読む

インフルエンザ薬

インフルエンザ薬の特徴 インフルエンザ治療薬の種類は現在4種類 イナビル

記事を読む

no image

インフルエンザA型・B型・C型

インフルエンザA型 ウイルスが変化しやすく、感染力が高いので世界的に流行することがあります

記事を読む

インフルエンザや風邪を予防する食事

インフルエンザや風邪を予防する食事 インフルエンザウイルスに対する抵抗力、免疫力を高めるた

記事を読む






スポンサーリンク


インフルエンザの症状の特徴

インフルエンザの症状の特徴 インフルエンザの一番の特徴は、急

ビタミンA、C,、Eで風邪やインフルエンザを予防

ビタミンAで風邪やインフルエンザを予防 皮膚や粘膜を正常に保つビ

インフルエンザ薬

インフルエンザ薬の特徴 インフルエンザ治療薬の種類は現在

冬に風邪やインフルエンザが流行する理由

どうして風邪やインフルエンザは冬に流行するの? 風邪をおこすウイ

インフルエンザと風邪の違い

 風邪の特徴 ・主症状 咳、鼻水 ・発熱 微熱が続く

→もっと見る

PAGE TOP ↑