hot_1

5月、6月も熱中症に注意しよう!


5月、6月でも熱中症になることがあるのはなぜ?

熱中症の発症が多いのは、気温の急激な上昇がみられた時です。

熱中症といえば、猛暑日に起こるというイメージですが、そうとも限りません。

5月や6月ごろ、前日に比べて気温が10℃近く上昇することがあります。

暑いと感じても、35℃前後の猛暑日に比べたら、それほど高くはありません。

しかし、暑さに慣れていない体には、急な温度上昇についていけず、大きな負担がかかり、熱中症になってしまうことがあります。

同じ25℃だとしても、それまで気温がそれほど高くなかった5月なら暑いと感じ、暑さに慣れた8月には涼しいと感じるのです。


なので、暑さが本格的になる前の季節は、急な気温の変化に注意が必要です。

天気予報を見て、予想気温が前日よりも5℃以上高かったら、熱中症になる可能性があります。

気温が25℃なので、それほど暑くはないなど数字だけで判断せず、「暑い」と感じたら、水分を意識して摂るようにしたり、休憩を多く摂るなど熱中症の対策をしましょう。