cooking

まな板、調理器具を清潔にして食中毒を予防しよう


まな板、調理器具を清潔にして食中毒を予防しよう

洗剤できちんと洗ってもまな板の細かい傷には菌が入り込んでいる場合があります。

調理前には60℃の熱湯をまんべんなくかけて熱湯消毒しましょう。

まな板や包丁などは調理前、調理後だけでなく、調理中も生肉、生魚など食材を替えるごとに洗いましょう。

食材についている菌を他の食材につけてしまう菌を減らすことができます。

調理後、調理器具を洗剤をつけて洗った後、60℃のお湯をかけて熱湯消毒します。

食材が触れていなくても菌は付着します。

まな板は使用した面だけでなく、裏面や側面も洗い流しましょう。