pm_1

PM2.5の人体への影響・基本のPM2.5対策


PM2.5の人体への影響

粒子が大きければ、鼻や喉の粘膜にくっついて止まりますが、PM2.5のように粒子が小さいものは、肺の中まで到達し、それによって人体に影響があるのではないかと考えられていおり、
ぜんそく、ガン、心臓病、脳梗塞などの危険性が指摘されています。

PM2.5対策として

・マスクをする
・濃度が高い時には外出を控える、窓を閉める
・布団や洗濯物を外には干さない
・手洗い、うがいをする
・空気清浄機を使用する

など濃度が高い日には注意をして行動する必要があります。