花粉症に似た症状「寒暖差アレルギー」とは

スポンサーリンク





花粉症に似た症状
寒暖差アレルギー


目のかゆみがなく、くしゃみ、鼻水の症状がある場合は、寒暖差アレルギーの可能性があります。

寒暖差アレルギーとは、急激な温度差によって鼻粘膜の血管が拡張、または収縮することによって、鼻水、鼻づまりなどの花粉症に似た症状をおこすこと。

原因はアレルギーではなく、自律神経の乱れによるものです。

人の体は温度に合わせて、体の機能を調整していますが、温度差が大きくなると、この機能がうまく働かなってしまい自律神経が乱れます。

対策としては、足や首を冷やさない、マスクをするなどして寒暖差を作らないようにすることです。



スポンサーリンク



関連記事

花粉症の症状の特徴

花粉症の症状の特徴 ・1日にくしゃみが10回以上出る ・水のようなサラサラとした鼻水

記事を読む

東京は花粉症に悩む人が多い?

東京は花粉症に悩む人が多い? スギの花粉は1度飛んでも、通常土に入っていけば吸収されます。

記事を読む

花粉の飛散時期

花粉の飛散時期 スギ 1月下旬~5月上旬 ヒノキ 3月上旬~5月中旬 ハンノキ 1月中

記事を読む

最新花粉症治療法・舌下免疫療法とは

最新花粉症治療法 舌下免疫療法とは 舌下免疫療法の治療法は、花粉のエキス1ccを舌の下に

記事を読む

花粉症の症状を抑えるレーザー療法

レーザー療法 花粉症によるくしゃみ、鼻水などの症状が重い場合はレーザー療法があります。

記事を読む

花粉症と風邪の違い比較表

花粉症と風邪の違い比較表 花粉症

記事を読む

花粉症とは

花粉症とは 花粉症とは花粉によって引き起こされるアレルギーの総称です。 アレルギーと

記事を読む

舌下免疫療法の副作用

舌下免疫療法の副作用 舌下免疫療法は、従来の注射による免疫療法に比べて安全性が高いことが知

記事を読む

花粉の飛散量が多くなる日とは

花粉の飛散量が多くなる日とは 花粉の飛散量は天気によって大きく変わります。 雨が降る

記事を読む

花粉症発症のメカニズム

花粉症発症のメカニズム スギ花粉の大きさは直径30マイクロメートル(マイクロメートルは1ミ

記事を読む






スポンサーリンク


インフルエンザの症状の特徴

インフルエンザの症状の特徴 インフルエンザの一番の特徴は、急

ビタミンA、C,、Eで風邪やインフルエンザを予防

ビタミンAで風邪やインフルエンザを予防 皮膚や粘膜を正常に保つビ

インフルエンザ薬

インフルエンザ薬の特徴 インフルエンザ治療薬の種類は現在

冬に風邪やインフルエンザが流行する理由

どうして風邪やインフルエンザは冬に流行するの? 風邪をおこすウイ

インフルエンザと風邪の違い

 風邪の特徴 ・主症状 咳、鼻水 ・発熱 微熱が続く

→もっと見る

PAGE TOP ↑