kafun_1

花粉症の症状を抑えるレーザー療法


レーザー療法

花粉症によるくしゃみ、鼻水などの症状が重い場合はレーザー療法があります。

レーザー治療は病気そのものを治すのではなく、あらわる症状を押さえるための対症治療です。

鼻の粘膜を焼き固めることで、花粉に反応する細胞の働きを弱めようというものです。

術後、多少の炎症は起こるが、7割ほどの人がくしゃみや鼻づまりが解消されています。

ただし、鼻の粘膜は再生する為、早い人では1、2か月、遅くても3年で再発することが多いといわれています。

また、シーズン中の施術はできません。